右脳:本音を、スっと引き出す

■最近たまたま相談される案件で多いのが、

 「如何にうまく本音を話すか」。

 個人的にも、最も上げたい技能の一つです。

■放置されるのは寂しいからもっとフランクに話かけて欲しい、、
 上から目線で接するのを辞めてほしい、、
 空気的に、凄く意見が言いにくい、、
 良い雰囲気をぶち壊す空気の読めない発言をしないで欲しい、、
 体臭が、我慢できない、、

 などなど

■・思ったことを全て言ってしまうと、
  相手を傷つけ怒らせ/悲しませるかもしれない

 ・反逆されて、自分が傷つく可能性がある

 ・自分も一部非があるから、言う権利ないと思ってしまう

 ・そもそも言った所で何かが変わるとも思えない

 ・とはいえ空気を読んで自分の中に保持し続けると、
  自分がキツい。

 ・何か違和感を感じるのは間違いないけど、
  何に対して違和感/悲しみ/怒りを感じてるのか
  明確には分からない(伝えるべきことが分からない)

■色々な理由で本音を言えないことが、
 特に歳を取るほど、増えていくのだろうなと思います。

 仕事でも、友達でも、恋愛でも、同じことかもしれません。

■ただ、本音で言わないと、話が進みません。

 時が経てば解決することより、解決しないことが多い。

 心のモヤモヤがドンドン溜まる程、積極的に日々を
 動けなくなり、更に本音が言えない悪循環となる、、

■なので、本音をクリエイティブに言う、
 訓練/練習が大事だと思います。

 ホリエモンや田原総一朗さんのように、
 「何を言われても気にしない強い心」を持つのもアリですが、
 僕たち一般人には厳しいと思うので笑、

 cf.本音で生きるbyホリエモン http://amzn.to/2uZI6Bg

 私が最も着目する先生は、気持ちよくタブーを語る芸人。
 松本人志さん、マツコ・デラックスさん達です。

■彼らが凄いのは、

 1) 自分がどういう理由でどういう気持ちになっているかを
   明確に把握している

 2) 相手がどういう理由/気持ちでその態度/発言をしたかに
   興味があるが、心からは非難していない
   (ある意味仕方ないと思っている)

 3) (重い気持ちでなく)軽く、直球で(笑いに乗せて)伝える

   (なので、相手の気分を害さず、炎上が少ない)

 4) すると、相手も本音で返してきて、
   実は互いに悪気はなく、勘違い/すれ違いと分かってくる

■僕も、コミュニケーションや人間関係、心理学を学ぶ中で、
 以前よりはダイブマシになってきて、

 今もそれこそ「生の声」イベント開催したりしながら、
 日々、より本音で双方向のコミュニケーションできるように
 なりたいと思う一方、マダマダ苦手な人/シチュエーションが多い。

■ただ、如何に、変な重い感情を一旦脇に置いた上で、
 クリエイティブな方法で、相手にスッキリ伝えるか。

 これを、試行錯誤することで、
 ドンドン良くなることは間違いない。



■初めての人、タマにしか会わない人とも、
 一瞬で本音を言い合える仲になるのを目指して、

 日々トライしていこうと思います。




  • 「同業トップレベルの現場力を共に育てていきませんか?」
    福澤商店のサービスは、こちらをご覧ください。
  • 「福澤商店ってどんな会社?」
    会社概要、創業の想い、代表プロフィールはこちらをご覧ください。


コメント


認証コード6224

コメントは管理者の承認後に表示されます。