右脳:「本当に手に入れたい成果は、何ですか?」

■1月から、とある起業家セミナー1年コースを受講しており、
 毎月講座に出ています。

 ・毎月の数値目標管理
 ・自営業としてのビジネスの基本を学ぶ

 ことを目的に参加しているのですが、
 昨日の講座で何度も何度も出てきたのが、この質問です。

■・GOALは何か?
 ・目的/目標は何か?
 ・使命は何か?

 色々な言い回しで言えますが、今年に独立して以降、
 様々な所でひたすら一番問われ、少しずつ形になり、

 とはいえまた混沌に陥り、というのを繰り返しています。

■上記のような講座でよくある悩み
 「モチベーションが湧かず、なかなか行動が出来ない」
 「行動しても成果が出ない」
 「お金がない、時間がない、自信がない、のでやれない、、」

 などは、「本当に得たい成果が明確でない」から。

■たとえば、特にモチベーションなくても、
 呼吸はできる。

 たとえば、トイレに行こうと思ったら、
 特にモチベーションなくても立ち上がり、歩き出す。

 たとえば、海外旅行に行こうと思ったら
 特にモチベーション上げなくても、方法を調べ、
 チケットを買い、お金を払い、落ちるかもしれないリスクを
 冒して飛行機に乗り、初めての道を歩く。

 (海外旅行まで行くと、人によって感覚違うかもですね)

■この例を最初に聞いたときは、極端な例だな~と
 思っていたのですが、今は心から同意します。

■僕の場合、サラリーマン時代は、

 ・調整だけの資料作成は面白くないな~
 ・ホントに意味のある戦略立案は面白いな~
 ・現場は面白いな~
 ・様々な部署とより良いものを作るのは楽しいな~

 位のザックリ感だったのですが、
 (当時は明確だと思っていたのですが、、)

 いざ、自社のメニューを作る時、HPを作る時、
 その中で、本当にやりたい/特化したいのは何かを探る。

■現場改善がやりたいの?モノを作りたいの?
 コミュニケーション改善?ノウハウ提供?
 経営戦略?それよりお金?

 それぞれで、全然日々の過ごし方が変わります。

■そして、決めたもの以外をナントナクやるのは辞める。

 ことを決めたのですが、これ、やってもやっても、
 「まだ若干ズレてる」「ナントナクがまだある」が続きます。

 しかも、無意識のうちに。

■昨日も、ナントナクやっていることに沢山気づき、
 行動習慣やゴールを修正しました。

■ただ、これを常に考えていくと、実際、
 本当にやりたいことに特化出来るので、

 充実感もスキルも、付加価値もPR効果も全然違う。

■「本当に手に入れたい成果」を追求していきます。

 メルマガで学びを整理出来て、大変ありがたいですね。
 読んでいただきありがとうございます!



  • 「同業トップレベルの現場力を共に育てていきませんか?」
    福澤商店のサービスは、こちらをご覧ください。
  • 「福澤商店ってどんな会社?」
    会社概要、創業の想い、代表プロフィールはこちらをご覧ください。


コメント


認証コード7214

コメントは管理者の承認後に表示されます。