右脳:思わず涙の感動を、作る

■会社員(トヨタ)時代は、計5〜6回程ありました。

 思わず涙(ほぼほぼ涙)の瞬間。

■その内1回は、会社員6年目位の時、自分が仕事が全然全然全然〜
 出来なかった悔し涙なのですが、

 残り5回はいずれも、工場の現場/会議室にて、

 ・熱いチームが生まれた瞬間 もしくは、
 ・そのチームで想像を遥かに超える成果を出せた瞬間 です。

 その場を、グワーッと、何とも言えぬ熱く暖かい空気が走り、
 皆が一つに次元上昇する感じ。

 うまく言葉に出来ないんですが、ヤバいんです。笑



■今週のインドローカルメーカー(1000人規模)も、そんな感じでした。

 最初は、まずは2.5日で現状把握&進め方提案をしよう、
 ということで、工場に入っていったのですが、
 初日の、進め方プレゼンが大失敗。

 というのも、まだ現場を見れていない中、
 僕が具体的/詳細な2.5日過ごし方の提案が出来なかったのです。

 かつ、細かいニュアンスの英語もうまく伝わらず。。



■「間違いなくキーパーソン!」という感じの工場長も、
 「こりゃ、大丈夫かな」といった表情で、
 とりあえずの2.5日案をホワイトボードに記入。

 「Sure.」と答えつつ、こりゃマズい!と思いました。

■そこから、工場の優秀なマネージャーに多大な協力を頂きながら、
 動きながら、ヒアリングしながら、

 この工場の皆にとってベストな成果/提案を作っていきます。

 現場を見て、皆の想いやニーズを聞いて分かったことは、
 「生産性向上の仕組み/カルチャーを作る」こと。



■そして、3日目に、マネージャー→工場長→社長の順に、
 自己紹介やお礼も含め、下記プレゼンを実施します。

 <プレゼン内容>

 ①現状の会社診断結果&位置づけ、目指したい方向性
  (全体観、安全/品質/供給/生産性の観点別)
   →特に、生産性の管理/向上が未実施で、ポテンシャル大

 ②マネージャー&福澤で実施した短期改善成果
  (型段取替え時間▲25%実施完、ただ目標▲50%への未達の原因と
   今後の改善内容立案)

 ③この改善を会社メンバー自身が実施、会社収益継続増とする
   ためのスキル&実践練習要

 ④1)半年間、マネージャーをチームリーダーとしたチーム結成
    改善を回していき、半年後に社長に発表しよう

   2)同時に、スキルは毎回訪問時にホワイトボード使いながら、
    少しずつ福澤がレッスン実施

   3)レイアウト、在庫の考え方など工場全体の話は、
    工場長直轄で、毎回議論して考え方明確化/改善

 ⑤半年後、2-3年後、5年後の目指す姿

 ⑥次回訪問時のスケジュール案

■社長以下「Great!!」となったのですが、個人的に、
 一番嬉しかったのは、全部終わって工場長と共に
 本社から一緒に工場に戻り、

 工場長が副工場長以下マネージャーにヒンディー語で、
 ガガガガッと熱く語り合い終わった時。

 一気に空気が変わりました。

 マネージャー陣が寄ってきて、

 「今日から段替時間推移見える化して、
  次回Fukuzawa-san来るまでに必ず、目標達成しとくわ!」

 「この工場を代表事例にしていこう!早くまた来てくれ!」

 (握手!)



■スイマセン、書いててダイブ自己満な気がしてきましたが笑、
 日本語うまく表現できてませんが笑、

 この時が、思わず涙な瞬間でした。

■先々週、先週と、(自己満かもしれないけど)思わず涙な瞬間が
 続き、幸せです。

 と、同時に、その場で100%絶対に皆が喜ぶ成果を出すべく、
 これから、頑張っていこうと思った次第です。



■思わず涙な仕事、やっていきましょう♪



  • 「同業トップレベルの現場力を共に育てていきませんか?」
    福澤商店のサービスは、こちらをご覧ください。
  • 「福澤商店ってどんな会社?」
    会社概要、創業の想い、代表プロフィールはこちらをご覧ください。


コメント


認証コード8664

コメントは管理者の承認後に表示されます。