右脳:自分の人生への当事者意識ビンビン!

■会社を辞めた瞬間に、圧倒的に変わったのが

 「自分の人生への当事者意識」

 です。

 至極当たり甘えのことですが、人生での選択タイミングは、
 朝から晩まで山ほどあります。

 ・まだ布団の中にいるか、起きるか。
 ・布団を畳むか畳まないか。
 ・朝食でお餅を何個食べるか。
 ・仕事を家でするかカフェでするかコワーキングスペースでするか
 ・カフェの場合、行先の近くのカフェにするか、家の周りにするか
 ・飲み会に行くか(何の飲み会に行くか)


■その中でも特に「時間の使い方」「お金の使い方」について、
 圧倒的に、考えることが増えました。
 (一つ一つ考える時間は短いものの、考える機会がとても多い)

 考える内容はとてもシンプル。

 「この時間/お金は、お客様の付加価値/自分の人生の幸せに、
  貢献しているのか」

 特に、直近では、支出金と、収入金につながるお客様への付加価値。

 短期的に、中期的に、長期的に、ホントにこの行動はベストか。
 どの行動がベストなのか。


■特に分かりやすいのが仕事での「お金」。

 これまで、会社員として、かなり「真の成果に繋がるか」を
 意識して仕事をしてきたつもりですが、
 なんだかんだ、生産性の追求ばかりやっていた気がします。

 でも、起業家にとって大事なのは「お客様の真の付加価値に繋がるか」。

 だから、素早く法人登記を終わらせる(生産性を上げる)とか考えても、
 そもそも法人登記をしている時間は、
 お客さんへの喜び=付加価値=年商には全く関係ない。

 だったら、外注する?どこまで外注する?自分でやる?

 これまで、(そうならないよう努力したつもりだったけど)
 如何に従業員マインドだったかを、思い知られる日々です。

 (ただ、対時間/役職に対する給料のことが多いので、
  なかなか難しい気もします)


■今まさに、真にお客さんにとっての喜び=付加価値=年商に繋がる、
 所謂「正味の行動」を列挙し、如何にこの時間を確保するか。

 まずはここからスタートです。

 <正味の行動(と1/9現在思うこと)>

 >会社/個人として
 ・自分が今回の人生で本当にしたいことの探求
 ・自社が何を目指すのかの探求(分野/内容/クオリティレベル) 
 →目標設定(定性/KPI)

 ・目標をベストな形で達成するための事業内容/仕組みの見直し

 >対顧客に対して
 ・ 各顧客毎へ提供付加価値をドンドン増やす(質/量)
 ・ 各顧客への真の提供付加価値は何かの探求


■「この時間/お金は、お客様の付加価値/自分の人生の幸せに、
  貢献しているのか」

 是非、改めて一緒に考えましょうbb 



  • 「同業トップレベルの現場力を共に育てていきませんか?」
    福澤商店のサービスは、こちらをご覧ください。
  • 「福澤商店ってどんな会社?」
    会社概要、創業の想い、代表プロフィールはこちらをご覧ください。


コメント


認証コード2962

コメントは管理者の承認後に表示されます。